おまとめローン審査が不安?選ぶなら銀行、消費者金融どっち!

おまとめローンの審査を受けたいが通らないかもしれないという不安?銀行系おまとめローンが審査通りやすいのか、消費者金融のほうがいいのかわからない。そんな方におまとめローンの審査通過できる最もおすすめの方法をお教えします。

おまとめローンの審査というのは、だれでも一抹の不安を覚えるものである。

2012-06-15 15.17.10-96.jpgなぜなら、一般の銀行カードローンや消費者金融キャッシングでカードを作り融資を受けるよりは、審査のハードルが高いことを潜在的に知っているからである。

また、今借りている3社、4社の他社金融機関の借金をまとめられないと、債務整理や自己破産をしなければならないかもしれない?という毎日襲ってくる思考の恐怖から逃れるために、あせって十分な検討もしないまま、審査に絶対通らないような銀行おまとめローンなどに申し込んで更に借りられなくなるという悪循環を生じてしまいます。

おまとめローン審査申し込みをするのチョット待った!!


いいですか!いまここからお伝えする内容は、あなたにとって非常に重要な、審査を通す確立を比較的に高める方法ですので、じっくりと読んでください。
 

従って、この内容を把握するまでは、勢いでおまとめローンに申し込むのはチョット待ったです。


まず、最初に把握しなければならないことは何か?を、お話しましょう。それは・・・銀行系と消費者金融系では、おまとめローン審査の難易度が異なるということです。
 

銀行系or消費者金融系?あなたがおまとめローンを申し込むのはこちら


2012-06-15 15.17.14-19.jpgいいですか!おまとめローンには主に銀行系と消費者金融系の2つがありますよね。

銀行では通常100万円~800万円(ジャパンネット銀行のように1,000万円というのもある)が限度額として設定されています。また、当然の如く一般的なカードローンやキャッシングの金利よりも低金利で、最も低いものでは年利2.5%などという超低金利な銀行系まとめローンもあります。借りる側もこの低金利で借りれば毎月返済する額も少なくなるし、返済日も毎月1回にまとめることができるのでとても利便性が向上します。

ですが!!それは「銀行系おまとめローンで借りられた場合」の話であり、ここがほとんどの方が陥る罠で、その1回の申し込みで審査が通らなかったばかりに、その情報がCICやJICCなどの個人信用情報センターに履歴として登録され、以後どんな金融機関に申し込みをしても審査に通ることはなく、自己破産や債務整理をせざる負えない状態に追い込まれてしまいます。

では、銀行系おまとめローンで審査に通らない条件とはなにか?をお教えします。それは・・・
 

”今の年収”と”いままでの返済履歴”と”借入れ総額”の3つです。


私の知り合いの現役金融マンから教えてもらったことなのでま、まず間違いはないと思います。もちろん借りている金融業者の数というのも審査対象ですが、それは2次審査のときに調査されるもので、1次審査のときに調べられる「今の年収」と「借入れ返済履歴」と「借入れ総額」!この3つが銀行側の規定要綱を満たしていないと、たとえ借入れ件数が2件で、150万円しか必要ないといっても審査に通ることはありません。

銀行というのは非常に「貸し倒れ」ということに敏感なところで、貸したはいいが貸した相手が返済できないということを恐れるのです。その理由のひとつに銀行が負債を負った場合に日本銀行に積み立てることが義務づけられている「引当金」があるからです。なので、銀行の審査では「申し込んだ人が今どのくらいの年収があるか?」ということを非常に重要視するのです。

ですから銀行のおまとめローンで審査に通る人とは、(金額にもよるが)最低でも400万円以上の収入が証明できる人でなければ申し込みしないほうがいいでしょう。さらに以前の金融取引で、返済延滞などを繰り返した覚えがある人は、銀行のまとめローンは申し込まないほうが懸命です。

融資シミュレーションなどがある銀行のサイトで条件を入れて試してきてください。入力金額が100万円を超えた辺りから年収が高くないと融資できませんと表示されることが多くなります。

もし、銀行おまとめローンシミュレーションなどを使って、どうも自分は年収が規定に届いていないと思われる方は、消費者金融のまとめローンを申し込んでみましょう。

※もちろん年収が500万円以上あって返済延滞などの履歴も無い場合には銀行のおまとめローンに申し込んでも差し支えさりません。(ただし借入れ総額と年収の対比は考慮してくださいね)
 

消費者金融におまとめローンを申し込んで審査を通りやすくする裏技


自分の年収では銀行の申し込み審査で落とされてブラックという情報が信用情報機関に掲載されてしまうと思われる方は、
アコム・プロミス・アイフル・レイクなどの消費者金融をおまとめローンの先の金融機関として利用しましょう。

そのときの審査通過に有利に働く業者選びのポイントをお教えします。それは・・・
 

たとえばあなたがアコム・プロミス・アイフルの3社から限度額一杯の50万円×3=150万円を借りているとしましょう。


この中で最も借入れ残高が少なくて、返済も滞りなく行っている消費者金融を1社選びます。
それがアコムかプロミスかというネームバリューや金利差(ほとんどないと思います)で選ぶことにはメリットはありません。

たとえばプロミスでおまとめローンの申し込みを決めた場合、可能ならばプロミス有人店舗(お客様サービスプラザ)を利用するか、住んでいる地域にサービスプラザが無い場合には無人契約機で申し込み審査前の相談をします。プロミスもキチンと取引をしてくれている利用者が、他社の借金もプロミスでまとめることになれば、やはり商売ですから喜ばれますし、実質的にプロミスの利益が増えることになるので審査通過率が良くなります。

この相談するなどは銀行ではほとんどできません!「申し込んで審査結果をお待ちください」と言われるのがおちです。ですが、消費者金融ならば(さらに利用者なら特に)申し込み前の事前相談が可能なので、「私はプロミスさんでアコム・アイフルも含めておまとめローンを使いたいのですが、審査に申し込んでからでは通らなかった場合のことが不安なので、事前に利用できそうかどうかわかる範囲でよいので教えていただけますか?」

消費者金融といえどもそんな審査前の相談なんてできないよ!!と思われるかもしれませんが、実際消費者金融の相談や審査というのは本当に柔軟に対応してくれますので、おまとめローンの審査通過に不安を感じる方は、上記のように自分が一番利用履歴がきれいな消費者金融に申し込んでみましょう。