過払い金請求とおまとめローン、どちらが有利なのか?

過払い金請求と返還
2012-06-15 15.17.04-137.jpg過払い金請求とは、かつてあったグレーゾーン金利が違法と定められ、それ以降金融業界がもらった金利に対して返済を行うというものです。対象者は平成19年より前にキャッシングやカードローンを使っていた人で、こういう人はそのカードローンやキャッシング会社に金利を支払い過ぎているのです。このため、それを返還してもらうようにするのが過払い金請求です。


実はこの過払い金請求により、ローンを完済したという人もいます。例えば長期間借りていたり、頻繁に返済を行っていたり、中には金利についての情報がなくいろいろなところから借りているというような人です。こういった人たちには過払い金が発生することもあり、中には返済金額が数百万円程度になっていることもあるようです。
 
払い過ぎたお金は返済してほしいという権利がある

もう少し見てみましょう。
Aさんは生活に苦しく、消費者金融などから年利25パーセント程度でお金を借りていました。借りていた金額はその時によっても様々ですが、中には金利の上限である29.2パーセントという金融機関からもお金を借りていたことがあります。

ところが、平成18年に裁判で違法金利の貸付が認められると、その後の借り入れの際には年利ががくっと減り15パーセント程度となりました。このため、Aさんはますます借りやすくなったのです。ただ、この金利については違法で、平成19年以前の金利である25%や最大29.2パーセントの金利を支払ったAさんは、その払い過ぎた分を返済してほしいと言う権利があるのです。このため、Aさんは過払い金請求を行い、結果的に100万円程度を返還してもらったのです。

実は、このAさんのプランはそう珍しいことではありません。100万円、200万円という人はそう珍しくなく、中には500万円戻ってきたという人もいるくらいですから、長く借りていれば長く借りているほど、またしっかり借りている人ほど返還金額も高くなるようです。
 

また、過払い金請求の場合はいろいろな方法があります。中には弁護士の最初の手付金などは無料で行い、企業から返還してもらった金額から弁護士としての報酬をいただくというスタイルをとっているところもあります。このため、過払い金請求のために費用がない場合でも、受け付けてくれる場合が多いのです。

おまとめローンと過払い金請求は両方やるべき


ところで、おまとめローンをつかうのと過払い金請求をするのでは、どちらがいいのでしょうか。
様々な意見がありますが、両方行った方がいいとされています。

2012-06-15 15.16.50-113.jpgその理由の一つが、精神的な安定です。
おまとめローンを使うことで、返済期間は少々長くなりますがその分返済についての整理がしっかりできるので、精神的にも安定してきます。毎月この日とこの日とこの日に返済があって気にしている、返済額がいくらになるかわからない、というような人にとって、毎月の返済が見えているおまとめローンは非常に安定して使えるものなのです。特にトータルで考えると、少し手間がかかりますがある程度おまとめしてしっかりと返済してもらったほうがいいのに越したことはありません。

もう一つの理由が、返済の際に有利に働くということでしょう。
返済の際、もし過払い金がありおまとめローンを使うのならば、その総合的な返済額が減る可能性があるのが過払い金なのです。支払い過ぎたお金を取り戻し、その金額をおまとめローンの繰り上げ返済に使うことで、返済も非常に楽になるのです。支払い過ぎた分に関しては無駄な遊びなどに使わず、返済に使うことでさらに返済までの時間が早くなります。

また、金利も安くなる可能性があります。
大体のローンの場合、今どきはおよそ18パーセント程度ということが多いでしょう。もちろんおまとめローンも数十万円程度借りるのならそのくらいの金利になりますが、もし数百万円単位で借りており、おまとめローンを利用するのならばこういった金利は優遇されさらに安くなる可能性があるのです。これは返済の際にとても有利に働くでしょう。仮に1パーセント年利が安くなるだけでもだいぶ負担は変わってきます。
 
過払い金を他のローン返済のあてにはしないこと

ちなみに、過払い金請求には審査などはありません。もちろんあなたが利用できる人なのかどうかという質問はありますが、借りていたことがわかる証拠などを揃えて専門の弁護士などに頼めばいいのです。それ以降は弁護士さんとよく相談し、だいたいいくら位になりそうか、また金額としてはどのくらいになりそうか、ということを計算することまで出来るのです。



2012-06-15 15.16.52-23.jpgただ、ここで気をつけたいのが過払い金として戻ってきたお金を今借りているローンの返済にあてることです。返済プランによっては過払い金を手にする前に返済が終わってしまうこともありますし、過払い金請求をする人に対して追加でお金を貸さないという金融機関もあるようです。

このため、おまとめローンに対しての返済にあてる分には問題はないでしょうが、少なくとも普段の生活を圧迫しない程度の金額を返済に回し、いざというときのためのお金を手元に残すことも考えていいのかもしれません。もちろん少しでも早く返済したい、というのならば話は別ですが。
仮審査やシミュレーションで試す


おまとめローンの場合は、一緒に申し込みをする段階でいろいろな相談に乗って貰える人も出てきます。残念ながら金融機関の人は商品を紹介したり説明することが第一になるのでおまとめローンを進めるのが仕事ですが、こういった過払い金請求などに携わっている人の場合はいろいろな方法を知っています。中にはあなたの返済が非常に有利になるプランもありますし、他にも様々な方法を知っているようです。

ただ、こういった有利になる返済方法にはいろいろな審査がある場合もあります。また、おまとめローンも利用前に審査があり、返済できない人に対しては貸さないというのは当たり前のことですから、意識して借り入れを行う必要があります。

ただ、現状としてはどちらも平行して行ったほうがいいでしょう。特におまとめローンの仮審査やシミュレーション程度ならば特に問題なく簡単にできるものですから、ぜひ一度ためしてみてだいたいこのくらい、ということを感覚で掴んでしまうのもひとつの方法です。色々なやり方があるので、試してみましょう。