おまとめローンシミュレーションで仮審査

2012-06-15 15.16.50-109.jpgおまとめローンとは、様々なローンの中でも色々なローンを一括で返済できるようにという事を考えられたローンです。基本的に複数のローンの借り入れがある人を対象にしているため、借入金額はだいたい高めになることが多いでしょう。このため、借り入れ前には必ずシミュレーションをする必要があります。
このシミュレーションですが、最近はネット上でもおまとめローンの仮審査などもしてしまえるところがあるので、結構簡単に出来てしまうのです。

おまとめローンのシュミレーションとは?

まず、おまとめローンに申し込む前のシミュレーションとしては、どこからいくら借りているのか、ということを明確にしておきましょう。これはその企業によっ ても、また用途によっても金利や利息はだいぶ違ってくるので、きちんとした内容を一覧にして把握しておく必要があるのです。
どの企業からいつどのくらい借りて、現在の残高はいくらか、ということを改めて確認しておきましょう。この時、利率が借り入れ残高によっても違うという場合は現在のプランで考えるといいでしょう。特に、今の残高は非常に重要な項目です。

次に、その総額からシミュレーションをしてみます。この時、だいたいの借入金額などを入力すると、その返済プランや総返済額などが出てきます。また、プランや借入金額によって利率に差が出てきます。
ところで、最近は金利が安いほうがいいのに越したことはありません。総返済額にも影響してくるので、おまとめローンのシミュレーションは複数の銀行や消費者 金融などを利用するのは珍しいことではありません。特に数百万円にもなるようなローンの場合は金利なども考え、複数のところでおまとめローンを検討することをおすすめします。シミュレーションは無料ですし、手間はかかりますが必ず行っておきたいことでしょう。

その後に仮審査となります。

2012-06-15 15.16.50-120.jpg仮審査とは、その銀行などで借りられそうかということをざっくりと調べるということで、主にあなたの借入可能額や生年月日などのいくつかの項目が問われます。この段階では個人を特定できるような情報はほとんど入力せず、だいたいざっくりとした情報だけなので個人が特定できることもそう無いでしょう。個人名 や電話番号を入力することはないので、勧誘なども起こることはありません。

ここで、審査に通りそうかどうか、どのくらいの金額が借りられそうかどうか、ということを確認します。
ちなみに、この段階で仮審査から落ちた場合は残念ですがその後の申し込みを行ってもほとんど借り入れできる可能性はありません。無駄になるだけですし、様々なローンへの申し込み回数が短期間に複数回ある場合は金融機関も借り入れて返済できないリスクのある人という見方をしますから、気をつけておきたいもので す。

最後に本審査となります。

2012-06-15 15.16.50-165.jpgこの審査の場合はきっちりとした個人情報を入力しますし、また申込内容も細かなところになります。あなたがその家に何年住んでいるかという年数や、勤務先の情報、勤続年数なども問われます。

この時、おまとめローンの場合は比較的高額になりがちなので、ある程度の審査の手間がかかり、他の様々なローンのようにすぐにさっさと借りられるということはありません。一週間程度かかることもあれば、すぐに結果が出る場合もあります。

本審査では、おまとめローンとしてどのくらいの金額を貸してくれるか、借入期間と借り入れ返済額についての決定がなされ、あなたがこれに同意すればおまとめローンの利用になり、金融機関がお金を貸してくれるのです。

このシミュレーションは、最近は情報が豊富で詳しいサイトも多いため、いろいろな比較のやり方があるでしょう。また、最近のおまとめローンは注目度も高くなり利用者数も高いため、更に充実したサービスが出来るのではないかと言われています。

ただ、なるだけ早くおまとめローンを利用して返済した方がいいでしょう。というのも、ローンの種類によっては金利が安くなるので返済が楽になるというメリッ トがありますし、返済総額もだいぶ節約できる場合があるのです。また、仮審査の段階でどのくらい借りられるかということも大事なことになってきます。早く 借りてどのくらいの返済利率になるかを考えるのも、とても大事なことになるでしょう。

金利が逆に高くなる場合も・・・

2012-06-15 15.16.52-23.jpgその一方で、使ってみたいおまとめローンの金利が借り入れをし ているローンよりも利率が高い場合は、少し考えたほうがいいのかもしれません。というのも、利率が低いローンや無利息で借りられている場合はそれもおまとめローンに組み込んでしまうと金利の支払いが発生するので、支払いの回数が減ったり気を張る必要がなくなるというメリット以外はそこまで大きな利益がない のです。むしろそういったパーセント次第では、さらに借金返済が大変になります。このため、それぞれのローンの返済についても少し配慮する必要があるので す。

シュミレーションや比較サイトで細かく調査するのがベスト

ただ、こういったシミュレーションは多くのところで行っており、もちろん金融機関店頭でもできますし、インターネットを使って行って いるところもあります。最近は特にインターネット上で全てまとめてしまう場合が多いので、メールサービスなども使って返済を簡単に手軽に済ませるのもひと つの方法になります。

また、もしわからないことがあればメールや電話で聞くこともできます。公式サイトを見てもよくわからない場合は店頭へ行き詳 しい話を聞くのが一番いいのですが、気になるローンの運営先がそもそも遠い場合は難しいでしょうから、おまとめローンについての相談窓口などに問い合わせてみましょう。
ちなみに店頭に行くから審査が軽くなる、ネット申し込みだから審査が厳しい、ということはまずありません。申込内容で判断されることが多いため、そこまで申し込み経路は気にしなくてもいいでしょう。

お まとめローンは色々なところからお金を借りている人にとってはありがたいローンでもあります。また、借りるときにそれまでのローンについてのことを改めて確認するので、ローンについてのことをしっかりと把握して二度とローンをしない、というように生活を組み替えることが出来る人もいます。

いろいろな利益が大きいのがおまとめローンですので、まずはシミュレーションから始めてみましょう。